悩んでいる医者と白い錠剤と瓶

ヘルペスの再発抑制療法

困っている男性

ヘルペスウイルスという名前を聞かれた方もいらっしゃると思います。
ヘルペスウイルスとは水疱瘡を起こすウイルスで、ほとんどの人が持っているウイルスです。
このウイルスは通常は人間の体の中で大人しくしているのですが、疲れがたまったりして体調を崩すと体の中で悪さをします。
それがヘルペス感染症や帯状疱疹と言われる物です。
神経を通して増殖をし、皮膚の表面に水膨れのような物がプツプツとでき、ピリピリとした痛みがあるのが特徴です。

その治療に使われる薬のひとつとしてバルトレックスという薬があります。
ヘルペスウイルスの増殖を抑える薬です。
単純疱疹、帯状疱疹などの治療にも使われますが、性器ヘルペスの再発抑制にも使用される薬です。
性器ヘルペスは人に話しにくく、再発を繰り返すことに不安を感じている方も多いでしょう。
他のヘルペスウイルス感染症と違い再発を繰り返すのが性器ヘルペスです。
治療してもバルトレックスの服用をやめると再発し繰り返す事がほとんどです。

再発を繰り返す性器ヘルペスにはバルトレックスを通常は1日1回 1回1錠を服用します。
8週間から1年ほどかけて服用することでウイルスを減らします。
ですので症状が治まっても服用を続ける必要があります。
服用を続けていても症状が再発する事がありますが、その時はバルトレックスを増量して治療し、再び再発抑制の治療を続けていきます。
こうやって根気よく服用することで再発を抑制していくのです。
服用をやめるタイミングは決して自己判断で行ってはいけません。
必ず専門医の指導のもとで服用し、相談して少しずつ薬を遠ざけていくようにしていきましょう。
きちんとした治療で性器ヘルペスから卒業しましょう。